2012年1月18日 (水)

ブログ移転のお知らせ

当ブログは以下のURLに移転します。

ホームページ作成のハルリのブログ

今後もWEBやホームページ作成に関する役立つ情報をご提供して参りますので、引き続き宜しくお願い致します。

ホームページを作るならホームページ作成のハルリ

2012年1月 5日 (木)

.ホームページを作成・リニューアルしたら忘れずにやっておきたいこと1



ホームページを新しく作成したり、リニューアルしたら忘れずにやっておくべきことがあります。
これは少し専門的な知識がないと知らないことなんですが、サイトマップの作成です。
サイトマップと言われても、なかなか聞き覚えのない言葉ですが、簡単に言うとサイト内のページの一覧表です。
なぜサイトマップを作っておくと良いかの説明の前に検索エンジンについての説明をしたいと思います。
 
検索エンジンとは、そもそも星の数ほどあるホームページのデータベースです。
自動的に巡回するクローラーというプログラムが、それぞれのホームページの内容を収集して、データとして蓄積していきます。
検索エンジンは、そのデータベースを検索しているのです。
 
ホームページを新しく作った場合、インターネットで見ることはできますが、検索エンジンは新しくホームページが作られたことを知りません。
そこで、新しいホームページがあることを検索エンジンに通知するために、検索エンジンに登録する訳です。
そうすると、クローラーというプログラムが、新しくできたホームページに来て、どのようなホームページかを判断して、データベースに登録します。
このクローラーというプログラムはよくできていて、自動的にリンクも辿ってページの情報を収集してくれます。
しかし、ホームページの全てのページを収集するのには、どうしても時間が掛かってしまいます。
そこで、ホームページの全てのページを記述した地図があると、効率良くクローラーが巡回できるのです。
そのホームページの全てのページを記述した地図が、前述のサイトマップという訳です。
このサイトマップを検索エンジンに送信することで、クローラーが効率良く巡回でき、サイト内の全てのページを早くデータベースに登録(このことをインデックスと言います)することができるのです。
リニューアルをした時も同様に、新しく作成されたページをクローラーが効率良く巡回するために、サイトマップを新しく作成します。
 
次回は具体的なサイトマップの作成方法です。

2011年12月31日 (土)

私がホームページ作成サービスを始めた理由〜当サービスの特徴編



ホームページ作成サービスを始めるにあたって、どのようなサービス内容にするかとても悩みました。
安さを追求して価格競争で勝負するサービス、逆に料金は高くなるけどじっくり時間をかけて作成するサービス…。
どちらもすでにたくさんの会社でやっていることですし、ほとんどの会社が行っていない正確なコーディングだけでの差別化ではお客様がサービスの良さをなかなかご理解いただけないと思いました。
お客様を考えた時、中小企業や個人事業主、お店でホームページを持っていない方も多いですし、持っていても品質の高いホームページを持っている方は少ない。
ホームページを持っていない方が新しく持つのは不安がありますし、そもそもどこが良い会社かどうかもわかりにくい。
ホームページを持っている方でもホームページの品質はわかりにくいですし、良いホームページを作成する会社は料金が高い。
ですから、中小企業や個人事業主、お店で高品質なホームページを持つことは非常に難しくなっていると思います。
だからこそ、本当の高品質を低価格でご提供するサービスがあれば、お客様がもっと気軽にホームページを持つことができますし、インターネットからの集客などの効果を得ることができてお客様に喜んでいただけると思い、高品質と低価格を両立したサービスを提供しようと思いました。
 
 
サービスの方向性は決まりましたが、問題は品質の高さと料金の安さの両立で、品質を高めればどうしても料金は高くなってしまいます。
逆に料金を安くすると、どうしても作成にかける時間を短くしなければいけなくなってしまいます。
作成にかかる時間(コスト)を考えると、作成時間の大部分であるお客様との打ち合わせ(デザインと内容・文章)、デザインを起こす作業、コーディングの3つの時間を削減できれば、その分料金も抑えることができます。
そこで、予めテンプレートを作っておき、そのテンプレートから選んでいただければ、お客様とデザインの打ち合わせをする時間が必要なくなり、コーディングする時間も大幅に減らすことができます。
また、各ページに入る文章もお客様に決めていただくことで、内容・文章をお客様と打ち合わせする時間も大幅に減らすことができます。
この2つで、高品質と低価格の両立をすることができました。
4つのプランをご用意し、お客様に合ったプランを選んでいただけるようになっており、料金面よりも高品質とオリジナルデザインをご希望のお客様のために、オリジナルデザインで制作するプラチナプランもご用意しましたので、幅広いお客様にご満足いただけると思っております。
 
 
さらに、もっとお客様に喜んでいただけるように、ホームページの管理も充実させたいと思い、高度なWEB戦略にも対応できるように拡張性の高いホームページ管理もご提供しようと思いました。
お客様の立場になり、自分ならどのような機能が必要だと思うかを考えて、様々な機能に対応する高い拡張性と十分な大容量を両立して高品質にしたのに料金を低く抑え、ホームページの管理も高品質と低価格にしましたので、管理の面でもご満足いただけると思っております。
 
 
また、細かくお客様のニーズと高度なWEB戦略に対応するため、オプションも豊富にしたいと考え、メールアドレスの取得・ブログの設置・サブドメイン・複数ドメインの設定を無制限にしました。
元々ネットショップをやっていて、WEBマーケティングが得意なので、WEBコンサルティングもご提供しようかと思いましたが、コンサルティングについてはどこまでお客様にアドバイスをするか決めかねており、現在のところは正式に募集しておりませんが、お客様からご相談があれば、お客様のご要望を詳しくお聞きして、お客様に合ったコンサルティングをご提供したいと考えております。
 
常にお客様のことを考え、「お客様に当サービスを選んでよかった」と思っていただけるようなサービスを提供し続けていきたいと考えておりますので、ホームページの作成はぜひ当サービスにお任せください。

2011年12月26日 (月)

私がホームページ作成サービスを始めた理由〜業界の実態編



ホームページ作成業界はどのようなものか試しに調べてみたところ、いくら調べても正しいコーディング(ホームページを表示するためのプログラムみたいなものを記述すること)ができている会社がなかなか見つかりません。
結局、朝から夕方までホームページ作成会社のトップページを調べて、正しくコーディングができていたのは、たったの2件でした。
あとの会社は全てミスがありました。
ミスといっても、1ヶ所や2ヶ所の些細なミスをとやかく言うつもりはありません。
どこの会社も十数〜数十ヶ所のミスですから、入力ミスなどの人為的なものではなく、根本的に正しいコーディングがわからないということです。
「プロなのに、正しくホームページが作れない」そんな業界があったことに、ただただ驚きました。
 
専門的なこと、しかもプロでも正しいコーディングがわからないのですから、間違いに気付くお客様はまずいないでしょう。
私は「お客様が気付かなければそれでいいのか?」というのは絶対に違うと思います。(そもそも間違いに気付いていないプロがたくさんいるのだと思いますが)
プロである以上、プロとして恥ずかしくない仕事をするべきだと考えています。
ですから、正しいコーディングがわかっていない会社がたくさんあったことに驚いたと同時に、強い憤りも感じました。
 
お客様からしてみたら、間違いに気付くことはまずできません。
プロとして発注するお客様からすれば、正しくホームページが作れないプロがたくさんいるなど考えもしないでしょう。
しかし、現実にはプロなのかアマチュアなのかわからないような会社がたくさんあるのです。
 
お客様の立場に立って考えれば、数少ない正しくホームページを作れる会社を見つけるのは、かなり難しいと思います。
料金が高い会社でも正しくホームページを作れない会社がたくさんあるので、料金で判断することもできないからです。
そこで、ホームページを正しく作るサービスがあれば、お客様が専門的な知識を持っていなくても、品質の高いホームページを持つことができると思い、ホームページ作成サービスを始めました。
 
 
〜続く〜
次回は当サービスの特徴編です。

2011年12月13日 (火)

私がホームページ作成サービスを始めた理由〜衝撃編



今回は私がホームページ作成サービスを始めた理由を書きたいと思います。
元々、自分でホームページを作り、ネットショップを運営していました。
WEBマーケティングとSEO対策に特に力を入れて、お金を全くかけないで集客して、高確率で販売するビジネスモデルを目指していました。
それがだんだん形になっていき、売上も伸びていき、某テレビ局から取材の申し込みが来たりと、ネットショップが軌道に乗っていきました。
 
 
そんなある日、久しぶりに知り合いの社長さんに会うと、「うちのホームページを見てほしい」と言われ、その会社のホームページを見てみました。
デザインはいまいちで、何よりコーディングはミスだらけでした。
社員の方が作ったのだからアマチュアなら仕方がないと思っていたのですが、その社長さんに話を聞いて衝撃を受けました。
実は社員の方が作っていたのではなく、プロの作成業者に依頼して作ってもらっていたのです。
 
 
コーディングと言われてもイメージしにくいと思いますので、ホームページを家に例えます。
デザインは家の外観で、コーディングは家の建築方法に当たる部分です。
コーディングがミスだらけということは、家の建築方法がわからず、適切な場所に釘を刺していなかったり、土台をきちんとしないで家を建てているということです。
家の外観(ホームページのデザイン)はそれなりでも、そんな家に誰も住みたくないと感じるでしょう。
正しいコーディングをするのも、誤ったコーディングをするのも労力は一緒です。
場合によっては誤ったコーディングをする方が手間がかかるかもしれません。
ということは、その社長さんが依頼した作成業者は、手抜きをした訳ではなく、正しいコーディング自体わからないということなのです。
家とホームページは違いますが、正しい建築方法を知らない建築業者って普通考えられますか?
正しいコーディングがわからないのに、プロとしてお客様から料金をいただいている会社があったことに強い衝撃を受けました。
 
 
それがわかった時は、正直詐欺じゃないかと思いました。
だって、家の建築方法がわからない業者が、ミスだらけの家を建てたのと一緒なのですから。
ホームページ作成業界はどうなのかと思い、調べてみると、更に衝撃的なことがわかりました。
〜続く〜

2011年12月10日 (土)

プロが教える失敗しないホームページ作成業者の選び方とは?4



こんにちは、ハルリです。
今回は、ホームページを作成した後のことまで考えた作成業者選びで一番大切な拡張性について書きたいと思います。
ここが一番重要なポイントなので、事前にしっかり確認することを強くおすすめいたします。
拡張性は、現在だけでなく将来のことまで考えてホームページ作成会社を選ぶことが大切です。
現在のことだけを考えて選んでしまうと、将来的に機能が足りなくなる場合があり、最悪作成会社を選び直して、ホームページをまた一から作り直すことになってしまいます。
ですから、作成会社を選ぶ際は、この拡張性もしっかり確認してください。
特に「ブログの設置が可能か?」と「メールアドレスをいくつ取得できるか?」は非常に大切です。
 
 
ブログについては、ブログの設置ができない会社もたくさんありますので、注意が必要です。
設置ができたとしても、設置費用が30万円という会社もあるので、料金も併せてチェックした方がいいかもしれません。
ブログについては、お客様とのコミュニケーションツールとしてだけでなく、アクセスアップやSEO(検索エンジン最適化)対策の効果もありますので、WEB戦略の観点で考えるとブログの設置が可能かどうかは重要です。
 
 
メールアドレスの取得については、本来であればいくつでも取得できるのですが、1つだけしか取得できなかったり、数に制限を設けている会社もあります。
ちなみに、取得できるメールアドレスは取得したドメインのアドレスです。
例:取得したドメインがaaa.comなら○○@aaa.comで、○○の部分は好きな英数字を入れることができます。
社員の人数が増えるかもしれませんし、用途によって使い分けることができるので、取得できるアドレスが多ければ多いほど便利です。
 
 
ブログとメールアドレスの2つは重要なポイントですが、作成会社によってかなりばらつきがあるので、注意が必要です。
良いホームページ作成業者を選んで、WEBを快適に。

2011年12月 9日 (金)

プロが教える失敗しないホームページ作成業者の選び方とは?3



ホームページが完成した後のことまでを考えたら、ぜひ考慮してもらいたいのが、ホームページの管理です。
管理の方法は作成会社によって大きく異なるので、しっかり確認した方がいいかと思います。
ホームページの管理でチェックしていただきたい項目は、サーバーの容量、更新方法、拡張性の3つです。
 
 
まずサーバーの容量ですが、サーバーの容量をわかりやすく説明すると、ホームページのファイルを置くスペースのことです。
ホームページだけならば、作り方にもよりますが数百MBあれば足りるかと思いますが、後々ホームページを育てることまで考えると容量が多いに越したことはありませんので、少なくても数GBは欲しいところです。
 
 
次に更新方法ですが、ここはかなり重要なポイントで、ホームページは最新情報をいかにスピーディに発信することが大切です。
更新料を更新の度に見積もりをするケースと毎月の管理費に含まれているケースがあったり、更新の手順も月に一回定期的に営業マンが訪問して更新内容を打ち合わせるケースとメールで更新内容を打ち合わせて即時に更新してくれるケースがあり、どれくらいスピーディな対応をしてくれるのか事前に確認しておいた方がいいでしょう。
次回はホームページを作成した後のことまで考えた作成業者選びで一番大切な拡張性について書きたいと思います。

2011年12月 7日 (水)

プロが教える失敗しないホームページ作成業者の選び方とは?2

こんにちは、ハルリです。
前回の続きです。
では、一体どこを見て選べばいいのでしょうか?
専門的な知識がなければわからない方法ではなく、誰にでも簡単に良いホームページ作成業者か見分ける方法をご紹介いたします。

まずホームページを作成する際にぜひ見ていただきたいのが、『正確なコーディングできるかどうか』です。
コーディングとは、ホームページの元になるプログラムみたいなもので、世界的に書き方が決まっています。
ちょうど家で例えると、建築方法といったところでしょうか。
ホームページを作成する基本中の基本ですが、この基本ができていない会社があまりにも多いのです。
正確なコーディングができない会社にホームページの作成を依頼するということは、家を建てる時に建築方法を知らない工務店に頼むのと一緒なのです。
きちんとしたコーディングができているかどうかは、「Another HTML」というサイトがありますので、作成会社のサイトのURLを入力すると、100点満点中何点か採点してくれます。
100点でなければ、ホームページ作成の基本ができていない会社ですし、正確ではないコーディングは検索エンジンで表示順位を下げることにもなるので、その会社は遠慮した方が良いかと思います。
ちなみに、インターネットエクスプローラーの上にある表示タブのソースをクリックすると、どのようなコーディングをしているのか見ることができます。

次回は作成した後のことまで考えたホームページ作成業者の選び方について書きたいと思います。

2011年12月 2日 (金)

プロが教える失敗しないホームページ作成業者の選び方とは?

「ホームページ 作成」や「ホームページ 制作」で検索してみると、たくさんのホームページ制作会社が出てきます。

これだけたくさんの会社があると、どこに頼んでいいのか悩んでしまっているのではないでしょうか。

そこで、今回はプロの目から見た失敗しないホームページ作成業者の選び方について書きたいと思います。

皆さんはホームページを作る時、リニューアルしようと思った時、ホームページ作成業者のどこを見て決めていますか?

私自身、この仕事をしていなければ、きっと値段とデザインで決めていたと思います。

しかし、値段とデザインだけを見て決めてしまうと、後々失敗したことに気付くことになるかもしれません。

それは一体なぜでしょうか?

「デザインが良くて、料金が安いのに、なぜ業者選びが失敗になるの?」と思った方がいるかもしれません。

ホームページの見た目と料金だけを見るのであれば、確かに正しい選択です。

しかし、ホームページを作ることだけでなく、運用や効果まで考えるのであれば、完成後のことまで考えてホームページ作成業者を選ぶ必要があるのです。

完成後のことは、具体的にどこを見て判断すればいいのかは次回書きたいと思います。

2011年10月13日 (木)

企業のWEB戦略の重要性



【お知らせ】
定番デザインのテンプレートを12種類追加しました。
31,500円〜の激安ホームページ作成!ハルリ
つい最近の統計によると、何かを調べる際、一番多かったツールがインターネットでした。
インターネットがなかった時代は、直接足を運んだり、電話で問い合わせをしていました。
しかし、現在では予めインターネットを使って調べるという方法が一般的になってきています。
私自身、つい最近知らない土地に行った際、おいしい居酒屋さんに行きたいと思い、インターネットで検索しました。
たくさん出てきたお店の中から、特においしそうなお店をピックアップして、その中の一つのお店に行きました。
気付けば、お店のホームページがなかったり、情報が少ないお店は無意識に候補から外していたので、情報が少ないからといって、わざわざ問い合わせもしませんでした。
 
何気ない日常の風景ですが、WEB戦略がうまくいっている会社やお店というのは、このように通常の営業活動の他に、WEBからも集客ができているのです。
「うちは通常の営業活動で集客をしているから大丈夫」と思われる経営者の方もいらっしゃるかもしれませんが、WEB戦略がうまくいくと、通常の営業活動からの集客はそのままで、それに加えてWEBからも集客できるようになるということです。
これは、単純に集客が増えるというだけでなく、リスクの分散にも繋がります。
リスクの分散が重要なのは、長く経営に携わっている方なら、よくご存知かと思います。
しかも、WEB(オンライン)だと通常の営業活動(オフライン)に比べて、コストを抑えることができます。
少ない経費でリスクの分散と集客の向上を計ることができるのがWEBなのです。
ですから、中小企業や自営業の方はぜひホームページを持つことを強くおすすめいたします。

«検索順位を上げる3つのポイント(3)〜外部対策